春の嵐

09 Apr 2013

メイストーム」と言うと、なんか映画のタイトルの様ですが・・・

しかも、すでに「エイプリル」も半ばにさしかかっています・・・

良いことばかり続きません

春の嵐は時より台風並みの暴風雨に見舞われます。

3月10日の「煙霧」

一瞬にして空が黄色くなり大陸から黄砂が飛んで来たのか? これが噂のPM2.5かと。。。

原因は畑の土だったようです。(笑)

東京消防庁がまとめた06年~10年の東京の強風による負傷者数は4月が159人と最多で台風の襲来が多い9月と10月と比べても2~5倍も多いとのこと。

畑の根回しした樹木も根っこから吹っ飛んで倒れます。

隣の神社の大杉とイチョウ

神社の高さ30mの杉の木も神主の「御幣(ごへい)」の様に右へ左へと揺れまくります。

こちらに倒れてこなきゃ良いのですが・・・(過去倒れてきたことがある)

近所に建設されたマンションの廻りは風速60メートルになることも。エアコンの室外機が動いてしまうこともあるそうです。

春の嵐いつになったらおさまることやら

どうぞお気お付けください。

 

 

· · · ◊ ◊ ◊ · · ·

今年の桜

01 Apr 2013

桜の季節がフライングぎみに駆け足でやってきました。

 at小金井公園

咲き出しが早い今年の桜・・・

予定外の早咲きに、急遽お花見のお誘いをしたり、雨予報なので中止にしたり 、かと思ったらポカポカ陽気。。。そして寒波

お花見の幹事って難しいもんですネ。 慌しい天気のせいです。皆様お騒がせ致しました。

気象庁の東京の開花宣言は16日ということで例年より12日も早かったのであります。

 

その原因で考えられることは東京都心では2月まで寒さが厳しかったが3月10日に最高気温25.5℃の夏日になるなど、3月に入ってから暖かい日が続いたため開花が早まったようです。

あと、今年の春の風は例年になく強風でしたね。

春一番がいったい何番まで吹くのか!!             屋外で作業していると本当に大変でした。

あの強風・・・これも開花を早めた要因だと私は思っています。 風によって枝が揺さぶられると、花芽や新緑の芽が割れ、花や新芽が開くのが早まるようです。

そして今年の桜の特徴は花持ちが、とても長いんです。

開花した後、適度に雨が降り、気温も低かった為と思われます。

植木畑では桜、桃、カイドウ、ボケ、ハナズオウ、ジューンベリー ミツバツツジ 椿、こぶし・・・十数種類の花がいっぺんに咲いてしまっています。

そえに加えてモミジや落葉樹が芽吹き、賑やかになっています。

長年植木屋やっていますけど、こんな年も珍しいですね。

少し肌寒いけど一枚多めに着て散歩にでかけたくなります・・・

 

 

 

 

 

 

· · · ◊ ◊ ◊ · · ·