Sunday 28th September 2014

by jun

グジュラート州アーメダバード

ヘリテイジウォークということで古い町を散策。。。

文化遺産を巡る旅は世界中で人気があります。

2014-02-25 12.57.04

インドでは牛は神聖な動物 いたる所に痩せた牛が歩いて糞が落ちています。

2014-02-25 12.57.08

アーメダバードの中心地

牛が道を占拠しているときは棒でたたいたりしてます。

conv0401

conv0015

conv0012

夕方にはコーランが町中に大音響でながれます。ヒンドゥーもムスリムも人も牛も犬もお互いを意識しないで共存しているようだ。

conv0458

ヒンドゥーの寺院があちこちにある。

conv0015

コブラ使い

2014-02-25 12.14.07

カラフルなサリーを纏って礼拝に訪れます。

2014-02-25 12.16.22

あちこちにレリーフがあり。職人が彫っている姿を見かける。

38697ef6モスクの中のファサード

朝日と夕日を巧みに取り入れる建築が数多くある。

2014-02-25 14.10.06モスクの内部

イスラーム建築のモスクの中にも入りました。偶像崇拝はしないので広い美しい空間だけがそこにありました。

2014-02-25 12.11.03

丸太足場を組み修復している建物。

conv0005

野菜の引き売り

conv0013

裏路地も突き進みます。

conv0007 道端でチャパティを焼く人

2014-02-25 14.01.06

インドの少女はお目メが大きい。

2014-02-25 12.46.20 ヒンドゥーの神様

conv0527

だからヒンドゥーの神々はみな目がギョロっとしているのでしょうか。

2014-02-24 16.54.55マサラドーサ

クレープの中のカレー味のポテトが入っている。ヨーグルトソースでいただく。

2014-02-23 18.22.16グジャラート ターリー

手食でカレーをいただきます。これがなかなか難しい

2014-02-25 14.45.16

寺院を抜けたところでたっぷりのクミンを買う。テキスタイルの華やかな彩りはスパイスの色や花の色からインスピレーションを受けたものなのだろうか。

2014-02-25 12.58.01

conv0013

2014-02-25 12.50.27

conv0008ル・コルビジェの建築作品

翌朝、バルマティー川の対岸にある繊維業会館ミルオーナーアソシエイションビル(1974年施工)まで散歩、ル・コルビジェの建築作品は本国フランスよりもインドにたくさんあります。訪れている客は我々だけ・・・静まりかえっていた。

2014-02-26 14.19.10

建築の内部に植物の植え込みも多用していてる。当時としては画期的な発想だったであろう。特徴的なのは建物の外側の縦のスリットである。インドの灼熱の日差しが遮るように斜に設計されている。

町中の色鮮やか細やかな装飾とは対極的にコルビジェの建築は簡素モダンの美であった。

この後オートリキシャでホテルまで帰り、プロペラ機の国内便でジャイプールへ飛びます。

インド回想録1

インド回想録2

インド回想録4

 

· · · ◊ ◊ ◊ · · ·